旅 〜お昼寝からのはじまり〜   

「5月14日 土曜日」 つづき

■ぼくたちはお昼を食べて休けい。
 “domuca”さんがとってもここち良い場所なので、ぼくはお父さんの
 ひざの上で…zzz。(おしずかに…)
d0013278_13421071.jpg
 ぼくがしらないうちに、コバさんがぼくたちに会いに来てくれました。
 ぜんぜんぼくが起きないので、「ごめんね。」とお父さん。
 今度はいっぱい遊んでください。〜未来のフレンチブルのお父さん〜

■三軒茶屋へ
 コバさんとお別れして、お母さんが前に住んでいたお家を見に行きました。
 お母さんは、ふるいともだちの“みーこ”さんという猫に会えなくてとても
 さみしそうでした。たくさん探したけれど、会えませんでした。
 お母さんが住んでいたお家には、「だれかが住んでいるね。」とお母さん。
 そして、てくてく・てくてく…。いろんなひとがぼくに声をかけてきます。
 「こんにちは!ぽぅだよ!!」
 ぼくは、ちゃんとあいさつできます。
 
 「Book Offに寄ってね。」とお父さん。ぼくとお母さんは外でまってました。
 (お父さんドラえもんの本(映画版)を探しています。いつでも。)
 「ないなぁ〜」とざんねんそうにお店から出てくるお父さん。
 「そうなの??」ぼくは、お父さんが悲しいときがわかります。
 さらに、てくてく・てくてく。知らない街をぼくは歩くのです。きんちょう。
 先に信号まちをしている柴犬さんを発見。ドキドキ。
 ぼくたちは少しはなれた場所で信号まち。

 「ここ、寄っていい?」今度はお母さん。
 あんてぃーくというモノが売っているお店なんだって。
 ぼくとお父さんは、外で待ちます。
 「かわいいのがあったよ!」お母さんはお買い物が大好き。
d0013278_14231139.jpg
               (錆びれた花鉢とみずほの花)

 お父さんは小腹がよく空くんだって。
 “喜楽亭”さんのカレーパンを食べてました。
 「この近くにも、Book Offがあったよね!」お父さん。
 「私とぽぅはここでお茶してまってるよ。」お母さん。
d0013278_14382653.jpg
 「ねぇ、お母さんあの大きな道で何かしているよ。」
 「工事の準備だよ。ぽぅ。」
 「ふ〜ん???」

 「見つかった?お父さん。」
 首を横にふるお父さん、「さて、家に帰ろうか。」

 246という大きな道のバスに乗って、ぼくたちは帰り道にすすみます。
 今日はたくさん歩いたので帰りの新幹線ではみんなぐっすり…zzz

★帰宅
 予定よりはやくお家に帰ってこれました。
 これで、ぼくのはじめての旅行はおわりです。
 今夜はたくさん眠りたいです。「おやすみなさい。」
d0013278_14463643.jpg
今度はどこに行くの?
ぼくはどこにでもついてくよ。
[PR]

by Love-JRTdog | 2005-05-17 13:43 | ‡町‡

<< 「パラード」 旅 〜出会い〜 >>